渋谷の歯医者ヒロカズデンタルクリニック

電話03-3486-1352
東京都渋谷区渋谷3-8-11イシカワビル3F 渋谷駅より徒歩3分
ジルコニアクラウン




 





高カラット金合金は歯にとって、身体にとって良い材料

歯と健康の密接な関連性

近年、歯の健康と身体の健康を関連づけて研究することが積極的に進められています。そこでは歯の健康状態と疲れや肩こり、脳や内臓疾患、さらには手や足の病気との関連性が、また一方では噛む能力と身体機能の関連性が明らかにされようとしています。私たちの想像以上に不覚関わり合っている歯と身体の健康。大切な歯をいつまでも丈夫に保つには毎日のブラッシングやムシ歯の早期発見、早期治療が肝心です。少なくとも年2回、定期検診を受けるようにこころがけましょう。

良い材料とは

歯冠修復材は陶材(ポーセレン)、合成樹脂材(レジン)と金属材料に大きく分けられます。ポーセレンやレジンがどちらかというと美しさを特徴とする材料である一方、耐久性、強さなどの歯科理工学的性質からみると金属材料の方が優れています。金属材料のなかでも高カラット金合金は添加する他の元素の量を調節して天然歯に最も近い修復物をつくることができます。

高カラット金合金とは

金の含有量が65%以上の金合金の総称です。
プラチナ、パラジウムなどの元素を加え歯科修復材料として優れた性質を持つ金属に変えたものです。
インレー、アンレー、クラウン、ブリッジ、クラスプ、金属床義歯のほかに陶材修復物の補強基盤としても使われます。

安全だから安心

金は簡単に他の分子と結びつかない安定した金属です。睡液によって腐食、変色することもなく長期にわたって身体への安全性が保証されます。生体親和性に優れた金属である金の含有量が多いほど、身体にとって望ましい材料ということができます。

天然に近い

高カラット金合金は硬すぎず、軟らかすぎず、天然歯に近い弾性エネルギーを持っているので理想的な修復物をつくることができます。微妙な噛み合わせも確実に調整できるので、対咬歯や隣接歯にダメージを与えることなく、自然な感じでしっかりと歯を噛みしめることができます。“噛みしめ”の大切さは脳への働きや運動能力の研究でも大いに注目されています。

ピッタリとすきまなく

薄く延ばしても強さとしなやかさを失わないのが高カラット金合金です。ミクロンメーター級の精度で歯にピッタリとすきまなく装着できるので、水分やバクテリアが入り込むスキを与えず二次的なムシ歯の発生を防ぎます。歯垢もつきにくく歯肉との相性もピッタリです。

アレルギー体質ですか

口の中に異なった金属が入ると電位差が生じアレルギーの原因になることがあります。少なくとも対咬歯や隣接歯の修復は同じ材料でするようにしてください。貴金属合金は金属溶出が少なくアレルギーや、味覚障害をおこしにくいという結果が出ています。
金の含有量が65%以上の高カラット金合金はこの点でも安心です。

前歯の修復にも

明るい生命感のある色調を再現できる陶材もそれのみで修復物をつくると破損しやすいのが欠点です。前歯部の修復では高カラット金合金は陰の主役になります。陶材の補強基盤として強さと耐久性を与え、しかも陶材の美しさを損なうことなく修復できます。歯と歯肉の境目に気になる変色(ブラックマージン)がおこらないのも高カラット金合金ならではの特性です。

金属焼付ポーセレン(唇側) 金属焼付ポーセレン(舌側)


現在の保険医療制度では財源が限られていることから、高カラット金合金は保険の適用外となっています。
しかし、高カラット金合金は耐久性に優れており、再治療や交換の必要がほとんどなく、半永久的にもつ修復材料なので長い目で見れば経済的です。
なによりも治療後の快適さが、あなたの選択の正しさを証明します。

詳細はお気軽にお問合せ下さい
  渋谷で歯医者ならヒロカズデンタルクリニック